トラックを処分する方法

使えなくなった、使わなくなったというトラックがある場合、どのように処分をしたらいいのか困ることでしょう。廃車の手続をすることもできますが、トラックのような重機はものによって買取ってもらうことができるのです。

トラックを廃車する場合の手続き

手続の種類は2つあることを知る

トラックの廃車には2通りの方法が存在しています。一つが、「永久抹消登録」でもう一つが「一時抹消登録」です。一時的に乗らないという場合は後者の手続を行いましょう。

書類を集める

トラックを廃車するときには必要な書類を集めましょう。例えば、自動車検査証、自賠責保険証(有効のもの)、3ケ月以内に発行された所有者の印鑑証明書、リサイクル券などが必要となります。

ローンの場合は所有権の解除も必要

車をローンで購入していた場合、所有者が販売会社やディーラーのままになっていることがあります。その場合は、廃車すると伝えて所有権を解除する手続きが必要となるでしょう。

書類が揃ったら

必要なものが全て揃ったら、管轄の陸運支局の窓口にて廃車の手続きを行います。また、そのあとに、自動車税などを止める手続きを忘れずに行うようにしましょう。

廃車するよりもお得

トラックを処分するという場合、廃車手続を行う以外にも買取をしてもらうという手があります。トラックの状態によっては高価買取りができる場合もあるでしょう。

買取の際の手続き

トラックを処分するために買取を選択した場合、その際に必要となる手続きのほとんどは基本的に買取業者が代行して行ってくれるでしょう。

トラックの処分方法は廃車と買取の2つがある

貯金箱とお金

高い値段がつく

トラックの買取が行われるようになる前までは、修理して使うか廃車にするかというのが一般的な手段でした。しかし、買取ができるようになったことで、廃車予定のトラックでも数十万円から数百万円という高額な値段で引き取ってもらえるようになったのです。

男性

高額買取りができる理由

ボロボロで使えなさそうな古いトラックでも、買取業者で査定をすると高額な値段がつくことがあります。何故、そんな高値で買取が行えるのかというと、買取業者の販売ルートと関係があるのです。

女性

海外に販売ルートがある

買取業者の中には、海外に販売ルートを持っているところも少なくありません。国内のトラックは海外でとても人気があります。そのため、廃車寸前のものでもしっかり修理を行い、トラックや車に関して厳しい制度がない国で販売できるのです。

財布

こんなトラックでも買取できる

買取業者の中には、事故車や故障車でも買取ってくれるところがあるでしょう。そういったトラックに何故値段を付けてくれるのかというと、中のエンジンやタイヤといったパーツ部分を使うためです。

広告募集中